スポンサーリンク

一人暮らしの住民票の移し方と注意点!やっておくといいことは?

スポンサーリンク
生活

引っ越しで色んな手続きの基本になる住所。重要な書類の住所変更をする時にまず行うのが住民票を移すことだと思います。

役所の手続きって面倒ですよね。でも、住民票の移動は住民基本台帳法で定められた義務なのです。

転入後14日以内に届け出をしないと、最大5万円の罰金になることもありますので注意しないといけません。それに、住民票を移さないと後から面倒になることも多いので忘れずに手続きしてほしいと思います。

住民票の移動方法は2種類あります。

1つめは、現住所と同じ市町村に引っ越す場合は、転居届の提出のみです。

2つめは、違う市町村に引っ越しをする場合は元の市町村で転出証明書を出し、引っ越し先で転入届を出しましょう。

スポンサーリンク

現住所と同じ市町村に引っ越す場合

現住所と同じ市町村に引っ越す場合は、最寄りの役所に転居届を出すだけで済みます。

役所に置いてある住民異動届の転居届にチェックをして、必要項目を記入して提出したらOKです♪手続きに必要な本人確認書類は、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどです。

顔写真のない健康保険証や年金手帳などは2枚提示する必要が出てきます。ちなみに転居届の手数料は無料です。

違う市町村に引っ越す場合

元の市町村と、引っ越し先の市町村で手続きをしないといけません。

まずは、元の市町村で引っ越す前に転出届を出して転出証明書をもらいましょう。引っ越す予定の約2週間前から手続きが可能です。

平日に行けなくても、土日に提出を受け付けている場合もありますので、事前に自治体のホームページなどで確認すると良いです。

転出証明書は、引っ越し先で必要になりますので、“引っ越しの荷物に紛れてどこにあるかわからない!”ということのないようにしてほしいと思います。転出届の提出時に必要なものは、本人確認書類と認印と新住所のメモです。

新住所のメモが必要なのは、新住所の記載する欄があるためですが、新住所が決まっていない時は市区などわかる範囲の記入でも良いようです。

引っ越し後は、14日以内に引っ越した場所の役所で転出証明書を添えて、転入届を提出します。

私は以前父の引っ越しの際に、ちゃんと調べずに、転出届を出さずにまず引っ越し先の市役所に手続きに行きました。そこで、手続き方法を聞いて引っ越し前の市役所まで行かなくてはならいことを知りました。

転入届の期日も近づいていていたけれど、そのために仕事の都合をつけることができなくて焦ったことがあります。

仕事をしていたら、なかなか手続きだけに休みを取るのが難しいこともありますよね。まして、引っ越し先が遠かった場合、私の様になったら大変です。

スポンサーリンク

ただし、転居届を出す前に引っ越しをしてしまったような場合で、旧住所の役所に行くのが困難な時は、旧住所の市役所のホームページから“転出照明書請求書”をダウンロードして郵送で手続きも可能なようです。

先にこれを知っていたら、私も父の引っ越し後に慌てて以前の役所に、車で何時間もかけて行かなくてもよかったのですね。何か大きな物事をする時は、事前に調べることの大切さを身をもって感じた出来事でした(^-^;

引っ越しによる住民票の移動に関して、このブログを見てくれているあなたなら、きちんと事前に調べることができているので大丈夫だと思います(*’▽’)

何度も足を運ばなくて済むように、できるだけスムーズに手続きはすませたいですね。

住民票移動の手続きで注意すること

届け出自体は簡単ですぐに済むものです。空いていたら10分程度で済むと思います。だけど、引っ越し時期や時間帯、役所によっては、窓口が混雑して待ち時間がかかり想像以上に時間をとられてしまうことがあります。

私が父の引っ越しで手続きした役所は、当時6月でしたがかなり混んでいて待ち時間が30分以上あったと思います。

役所によっては、混雑状況をホームページで見ることができる場合もあるようですね。3月は転勤や入学などによる引っ越し時期でもあるので、役所によっては普段より混雑するかもしれません。

あと、転入届を出すときについでに住民票を余分に数枚とっておくと後々便利ですよ♪運転免許証の住所変更や転職時にも必要になるためです。

また、今はマイナンバーカードや住民基本台帳カードを持っている方もいると思います。その場合は、転入届の特例で転出証明書が不要になっています。

また、マイナンバーカードや住基カードを持っていて、対応するICカードリーダーとパソコンをお持ちの方は、自宅から電子申請サービスを利用して転出届が出せますよ。

引っ越し後、引っ越し先の役所で転入届とマイナンバーカードが住基カードを提出して暗証番号を入力するだけで、手続きがとても簡単になります。

まとめ

住民票の移動は法律上の義務になります。また、住民票は移動しておかないと、行政のサービスも受けられず生活が不便になってしまいます。引っ越し後すぐに手続きを済ませるほうが無難です。

遅くとも、引っ越し日を起点して、前後2週間で手続きは済ませてしまいましょう。また、マイナンバーカードや住基カードをお持ちの方は、手続きが簡単になりますね。

スポンサーリンク

楽天商品をめっちゃオトクに安く買う方法3つ

【楽天ユーザーさんにオトクな情報!】

楽天グループで買い物する場合、「楽天ポイント」がつくのはご存じの方も多いかと思います。

でも実は楽天グループには、他にもこんなにオトクに買う方法があるんですよ~!

1,スマホはアプリから購入がお得!

「楽天アプリ」から購入するとプラスポイントがつきます♪スマホのときは絶対アプリがおすすめ!

楽天市場

楽天市場

Rakuten, Inc.無料posted withアプリーチ

2,楽天カード決済ならさらにプラスポイント!

楽天カードで決済すればさらにプラスポイントが付きます!

今、楽天カードを持ってない人でも、新規申込&利用したときに、たくさんポイントがもらえますので、実質大幅値引きで購入できちゃいます♪


\ 楽天カード新規入会&利用でポイントがもれなくもらえる! /


【年会費永年無料】最大7000ポイント!

3,ママさんパパさんは「ママ割」でポイントアップ!

ママ割メンバーになると、楽天市場や楽天西友ネットスーパー、楽天ビューティなどのポイントキャンペーンに参加できます♪
さらに子育て用品や楽天サービスの限定クーポンももらえますよ。
子供の誕生日の前月には別の限定クーポンがもらえたり、エントリーで子供の月齢に応じたサンプルセットがもらえたり。
ママ割という名前ですが、パパさんも参加OK!他にも子供がいるおじいちゃん、おばあちゃんでも登録できますよー!


\ ママさんパパさん・子育て中の人はみーんなオトク! /

生活
*あい*をフォローする
押し花fun

コメント

タイトルとURLをコピーしました